蓄積と習慣|在庫管理を行なうための適切なメディア選びで業務効率化を図る
レディとメンズ

在庫管理を行なうための適切なメディア選びで業務効率化を図る

蓄積と習慣

レディ

情報共有という言葉が「ほうれんそう」の代替として用いられる事が多くなりつつありますが、実際に正しく情報共有が行われている状況は少ないと言われています。その理由にただ単に共有しているからという理由があります。情報共有の魅力は情報の蓄積とそれが習慣付く事による体系化です。情報はお金のように価値を持ちます。しかしその価値は人によって変動し、価値がゼロの人もいれば高い人もいます。こういった様々な価値を持った情報を取り敢えず蓄積し、まとめ、分析を行った上で体系化するという事を習慣づけると、情報が持つ価値を全ての人に価値あるものにすることが出来ます。しかしこれを通常の業務の硬割に行なうのは困難で、殆どの場合が情報共有と言いながらも共有だけを行い、蓄積や分析を行わずにしている現状があります。

正しい情報共有を行なうにはそれなりに時間がかかりまたセンスも問われますが、これをスムーズに行なうことが出来るのが専用ツールの存在です。専用ツールには様々な物があり、それぞれで特長を持っています。例えばIT業界でコーディングをしている人に最適な情報共有ツールと、マーケティングを行なう方の為のツールは搭載されている機能も求められるものも変わってきます。ツールの活用の魅力はなんといっても、素早いスピードでほぼ自動的に共有ができてしまうという点です。情報自体は自ら文字やメディアとして投稿しますが、これを関係者に通知し、投稿情報に対して分析や議論をすることは出来る環境は全てツールが整えてくれます。そしてアーカイブされた情報は何時でも取り出すことができ、見返すことで比較と内容の濃い情報を新たに創りだすことが出来ます。これら情報は企業成長にとって重要な働きをし、そこで初めて体系化することが可能となるでしょう。情報共有を正しく行なうにはこういったツールを上手く取り入れることも大切になってきます。